2kmインターバル

2016年8月24日(水)

神戸練習会

 

練習メニューは2kmのインターバルを3本でした。

1kmや500mのインターバルと違いマラソンのスタミナ練習に位置します。

2kmのインターバルトレーニングはある程度のスピードのまま耐える、乳酸などの疲労物質がたまった状態で身体を動かさなければいけないのでマラソン後半の落ち込み出来るだけなくすトレーニングです。

では上記に出てきた1kmや500mのインターバルの効果は、

1km → 最大酸素摂取量の向上、心肺機能強化、※簡単に言えば身体全体に効率よく酸素を運ぶ能力を高める。

500m → スピード感覚強化、、心肺機能強化、※スピード感覚が上がればレースペースは遅く感じます

インターバルだけでも目的がいろいろあります。

自分の好きな練習だけやっていても記録は伸びにくいです。

マラソンは長所を伸ばすより短所を補った方が記録が向上しやすいです。

ただ、苦手な練習はなかなか一人ではできないので練習メニューを見て積極的に練習会参加しましょう!

2kmインターバル 2kmインターバル 2kmインターバル 2kmインターバル 2kmインターバル 2016年8月24日(水)

クリックお願いします

おすすめ記事

イベント記事

  1. 2016.04.29

    ミニ駅伝
  2. 2015.05.14

    5/14 バラ園
  3. 2016.05.03

    大阪ロング走
PAGE TOP