動き作り+長居公園ジョグ

2017年2月21日(火)

大阪練習会

 

効率のいい重心移動の練習

走る前に動き作り。

ランニングの時に『地面を蹴る』や『脚の運び』など下半身を意識する事は重要ですが、

そうすると意識が下なので重心が下がっていきやすいです。

 

いわゆる『腰高なフォーム』にするには、重心の意識が重要になってきます。

 

ランニングは上半身も含めた身体全体を前に進める訳ですから、

上手く重心移動させていければ楽に走る事が出来ます。

 

ただ立っていり状態なら簡単ですが、走っている状態だとどこに重心があるかわからなくなります。

脚を出して着地した上に上半身を乗せる

 

ランニングは常に前に進んでいるので、着地する脚より先行して上半身が先に動き出す。

物理的には上の方に重いものがあった方が楽に物体が動きます。

 

う~んちょっとマニアック過ぎて難しいですね・・・

練習会で少しづつ説明していきますね!

 

 

 

ゆっくりいろいろな動きをして、重心移動の確認と意識をしました

 

 

 

 

動き作りの後は、長居公園の周回をジョギングしました

 

 

◆ランニングクラブ体験は下記をクリック◆
体験申込み

 

おすすめ記事

  1. 2016.07.25

    鉄分補給

イベント記事

  1. 2016.05.05

    伊丹空港RUN
PAGE TOP